よくあるご質問

新横浜歯科技工士専門学校よくあるご質問

よくあるご質問

  • Q.歯科技工士免許は、全員が取得できるのですか? A.歯科技工士として働くためには国家資格が必要です。神奈川県では毎年2月末に行われる厚生労働大臣指定の国家試験に合格すればその資格を取得することが出来ます。
    新横浜歯科技工士専門学校では前期・後期の「期末試験」や「模擬試験」から一人一人の理解度を分析して補習や解説授業が行なわれます。2年生の後期からは「国家試験対策」も実施しされて、もちろん実技の試験対策も万全です。

  • Q.授業時間(カリキュラム)や長期休暇は? A.授業は月〜金曜日までの週5日制で土日祝祭日はお休みです。1日の授業は朝9:00から夕方4:00まで7時限(50分/1時限)になっています。そして春、夏、冬休みがありますので、通常の学校とほぼ一緒のペースです。

  • Q.歯科技工士についての知識や経験がないのですが、入学できますか? A.はい。できます。高校を卒業(同等以上)した方なら、どなたでも出願資格があります。 現役の高校生以外にも他業種の専門学校、短大・4大を卒業された方々や社会人経験者まで様々な人が本校へ入学します。 履修科目の美術概論と歯科英語以外は専門科目ですから入学生のほとんどは、歯科技工分野の未経験者ですから皆さんスタートラインは一緒です。

  • Q.卒業後の就職相談には応じてくれますか? A.就職担当教員が、在校生に限らず卒業生にも、就職先の紹介などの相談に応じます。 その他、歯科技工関連の質問や職場での悩み事、近況報告など、少人数制なので卒業してからも先生に会いに来る学生が非常に多いです。 昨年の有効求人数は定員70名に対して7倍の求人状況で就職希望者は100%の就職状況です。また歯科大学附属の専攻・研修科などの他、国内・海外の研修施設等への進学者も大勢います。

  • Q.学費の分納はできますか? A.本校は年2回の分納(年間一括納入も可)としています。合格後理由があって納金が遅れる場合は、必ずご連絡下さい。

  • Q.奨学金制度はありますか? A.本校では、以下の入試種別に奨学金制度が適用されます。
    <社会人特別枠選考>  社会人経験者を対象としています。
    <指定校推薦>      高校の調査書を提出した者で指定高等学校の推薦を受けた者。
    <自己推薦U>      専門学校、短・4大学の既卒者および卒業見込の者。
    <歯科医療者推薦>   歯科医療関係および本校卒業生の推薦を受けた者。
    <卒業生子弟入学制度> 本校卒業生の子弟等で入学を許可された者。
    詳細については、募集要項を参照して下さい。