歯科技工士とは

歯科医師と連携し失われた歯をいろいろな材料、加工技術をもちいて、回復する仕事です。
国家資格の取得
歯科技工士として働くためには、「歯科技工士」の国家資格が必要です。この国家資格は、歯科技工士学校の学科・実習課程を終了すると受験資格が与えられます。試験には「学説試験」と「実地試験」があり、年1回、神奈川県では2月の下旬に2日間かけて行なわれます。
幅広い就職先
1.歯科診療所(歯科医院)
2.大学の付属病院や、総合病院など
3.歯科技工所
4.歯科器メーカー、歯科材料関連企業
独占業務
少子高齢化社会のいま、歯科医療は注目の分野です。高度な専門知識と技術が必要なため法律で歯科医師と歯科技工士だけに認められた独占業務です。
世界で活躍する日本の歯科技工士
日本人の歯科技工士の技術は海外で高く評価され、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドイツ、中国など世界中の歯科技工業界で活躍しています。

トップページへ

体験入学お申込み
資料請求