共生学園入学案内

新横浜歯科技工士専門学校 歯科技工士とは?

歯科技工士のスペシャリスト

確かな知識と高度な最先端技術に裏打ちされたあなたが、歯科医療のスペシャリストです。科学の発展、医学の進歩は目覚しく、人々の生活を豊かにしました。歯科医療において歯科技工の分野でも日進月歩の改革が進んでいます。最新の素材、加工法を応用した日本の歯科技工技術は海外から高い評価を得ています。世界に例をみない速さで、高齢化社会に向かう日本で国民の歯科医療のニーズに合った、確かな知識と高度な最先端技術を追求するのはもちろんのこと、歯科医療にたずさわる者として、豊かな人間性を合わせ持つ人材育成を私達は目標にしています。

歯科技工士について (どのような仕事をするのか)

私達にとって、欠かすことの出来ない毎日の食事。人間の本能である「おいしくものを食べる喜び」を支えているのが歯科技工士です。実際の治療の現場では、歯科医師の指示に従って金属やプラスチックを使った入れ歯(義歯)、さし歯、金冠や歯並びを矯正する矯正装置の製作や修理などを行うことで失われた歯を復元させる、歯科医療において欠かせない存在になっています。現在の歯科医療では、歯がなくなって噛む能力が低下することは全身の健康阻害につながると言われているため、さらに高齢化が進んでいくに従って歯科技工士の活躍の場は広がっているのです。
歯科技工士に必要とされるのは、技工物を敏感な患者の口腔内に合わせたときに違和感が残らないよう製作する繊細な技術力や、歯並びやかみ合わせのバランスを考えた調整ができる的確な判断力です。さらに最近では、歯並びや歯の形・色を美しくする「審美歯科」が注目され、セラミックス(せともの)やキャスタブルクラウン(ガラスを溶かして歯の形をつくる)などの新素材の研究や開発も進められているため、常に技術を磨くための努力が求められています。

歯科医師と歯科技工士の関係

歯科技工士がそれぞれの患者の歯の処置に適した技工物を製作するためには、歯科医師や歯科衛生士とのコミュニケーションが欠かせません。なぜなら、一人ひとりの患者の症状や歯の状態を知ることがより良い歯科医療につながるからです。過去には経済的・社会的に歯科医師と歯科技工士には格差があるという認識もありましたが、現在の歯科医師の多くが歯科技工士を国家資格を持つ専門技術者として尊重し、対等な立場でお互いがパートナーとしてより高度で良質な歯科医療を行えるよう努めています。
また、現在歯科大学において行われている歯科技工の授業では、技術を習得するには十分とは言えない面もあり、歯科医療の特色である歯科補綴(しかほてつ:歯の欠損を義歯や金冠などの人工物を用いて修復すること)に関する歯科技工はほぼ歯科技工士の手によって製作されていると言っても過言ではありません。