歯科技工士は世界に羽ばたけます
歯科技工業界からのメッセージ
社会人経験者の卒業紹介コーナー
既卒者によく聞かれるQ&A
社会人対象AO入試のご案内
資料請求・願書請求

新横浜歯科技工士専門学校 社会人・学生・フリーターの皆様へ

既卒者によく聞かれるQ&A

社会人、大学・短大生、フリーターのみなさんへ
新横浜歯科技工士専門学校では多くの高等学校既卒者(社会人、大学・短大生、フリーター)の再進学者が在籍しています。また卒業後はプロとして国内のみならず海外の歯科技工業界で活躍しています。皆様の期待に応えるきめ細かなサポートをご用意して入学から卒業、国家資格取得から就職までを応援しています。
再進学の理由はいろいろあります。
◇ 就職したが、手に職を付けたり、資格取得の必要性を感じた。
◇ なんとなく卒業して、なんとなく就職していくのが疑問に思えて
◇ 国家資格を取得して「生涯続けられる安定した仕事」がしたい。
◇ 得意のモノ作りを生かして「やりがいのある好きな仕事」に就くため。
◇ 自分の能力を発揮できる仕事に就くため
3年後、5年後、自分が変わりたいとするなら、動くのは、今です。
これまでの終身雇用制が崩れ、学歴重視から実力重視の社会になってきていることから、今こそ本当の知識や技術が必要とされています。
現役の入学者と一緒に勉強ができるか心配です。

安心して下さい。近年、高校卒業後すぐに入学する現役生と大学・短大を含む社会人経験者などの割合は、現役6:既卒者4の割合です。現役生も既卒生も同じ「歯科技工士」を目指すのですから、すべては本人の職業意識と目的意識がどうあるかです。本校の学生のみなさんは、モチベーションが高いですよ。
「資格」を取る事は難しくありませんか?

歯科技工士の履修科目はすべて専門科目です。授業をきちんと受けていれば、確実に知識と技術が身につくようになるのが新横浜歯科技工士専門学校です。現役で入学された方も社会人、大学・短大生、フリーター経験者も同じスタートラインからしっかり教えますので安心して入学してください。
どんな人が先生になっているのですか?

当校の実習担当教員はほとんどが10年以上の臨床経験豊富な教員です。だから授業も「即戦力」をもった実践的な知識と技術を学ぶことができます。また少人数制のため、一人一人の習熟度に合わせて、分かりやすい親切な指導で定評があります。
希望どおりの就職ができるか心配です。

歯科技工士は技術を評価される仕事です。就職において技術がよければ性別、年齢もさほど重要ではありません。専門知識だけではなく、社会人経験者のように教養や常識を持っている本当に実力のある人材を必要としているのです。新横浜歯科技工士専門学校では就職活動において就職担当の教員とクラス担任が皆さんの適性や希望に合わせたきめ細かな就職指導を徹底させています。
学校の設備や教室は放課後でも使えますか?

施設や実習設備等は、本校の学生なら誰でも使用できます。休み時間や放課後でも、練習が出来ますし、疑問があれば教員に質問してください。みなさんの「向上心」というやる気に応えるのが新横浜歯科技工士専門学校です。
奨学金制度や育英会はありますか?

社会人等を対象にした「奨学金」の付いた入試種別の他、公的制度の「日本学生支援機構」や国の教育ローンなどを紹介しています。また共生学園の「奨学生制度」には、筆記試験による「特待生制度」があります。